一生に一度の結婚式では最高の花嫁姿を披露したいものです。そのためにも、早い時期から挙式当日までのビューティープランを立てておきます。早ければ早いほど高い効果は期待できますが、一般的には結婚式の数か月前からで、ブライダルエステを利用する場合はこの時点でサロンを予約し、施術内容を決定しておくのです。ブライダルエステでは、オーダーメイド感覚で施術内容を相談できますので賢く利用していきます。

基本的なケアとしては背中や顔のシェービングやボディやフェイシャルです。シェービングは顔や襟足、脇や腕などの細かい部分もしっかりとケアをしていき、肌の弱い部分のカミソリ負けが気になるようなら、事前に自宅で試しぞりをしておくと安心です。二の腕などは小さめのチャペルでは思いのほか、列席者から見えますので、注意しておきます。また、ボディケアはドレスの着こなしにも差を付け、引き締まったボディになることを目指していくものです。

アロマオイルや保湿クリームなどを使用したマッサージでボディを引き締めていきます。そして、Tシャツなどの日焼けはドレスを着ると目立ちますので、ブライダルエステ中は、常に日焼け止めを塗り、夏ならば日傘なども用意して、紫外線のシャットアウトを心がけ、透明感のある身体を目指していくことが必要です。フェイシャルは保湿を重視したマッサージとパックで潤いとハリのある肌へと導いてくれますが、エステサロンによってさまざまなコースがあるので、自分の悩みと相談しながら決めていくことが大事になります。