旅行会社のスキーバスの特色

旅行会社では冬の時期にスキーバスの募集をはじめることがあります。

これは路線バスなどとは違って、スキー愛好家の需要に特化したバスですので、目的のためには最適な手段といえます。スキーバスとはいってもいくつかのプランにわかれているのが普通で、単に市街地とゲレンデまでの往復に使えるバスだけを予約するプランもあれば、バスといっしょに現地のホテルや旅館といった宿泊の予約をセットで提供しているプランもあります。このあたりは旅行会社によってスタンスがまちまちですので、チラシやパンフレットなどであらかじめ詳細にチェックしていおくことが求められます。

旅行会社のスキーバスにはいくつかの特色がありますが、たとえば出発地からゲレンデまでを直通で運行することが挙げられます。単なる路線バスであれば決められたルートだけを走っていますので、ゲレンデに行くのにも都庁で何度か乗り換えをしなければなりません。直通であればこのような手間をかけずに済みますので、移動手段としてはかなり便利です。また個人で持ち運ぶことになる板やブーツなどの荷物はかなりの量になりますが、それも大きなトランクルームがバスに装備されているために収容可能という点も挙げられます。

路線バスでこれらの荷物を持ったまま乗車するのは他の乗客のさまたげになることもありますし、物理的にかなり困難をともなうはずですが、専用スペースがあれば安心です。さらに夜行バスや日帰りバスなどの多彩なプランが選択できることもあります。夜行バスであれば車中泊をはさんで朝方には現地に到着できますので、朝食後すぐにゲレンデでスキーを楽しむことができ、時間が無駄になりません。日帰りプランも平日仕事を休めない人にはぴったりで、やはり仕事と趣味の両立という時間の有効利用に大きく貢献します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *