富士急の夜行バスは活用すると便利

富士急行では、夜行バスも運行しています。

主に、愛知県を発着する便のほか京都・大阪地域から富士急ハイランドまでを結ぶ便で夜行便があります。ただ愛知県を発着する夜行便は臨時便となっていますので、利用する場合はあらかじめ問い合わせておいた方が確実です。富士急ハイランド行きの夜行バスを使うメリットは、夜出発して朝に遊園地に到着します。そのため、園内のアトラクションを朝から夜まで四季を問わず楽しむことが出来ます。この夜行バスは、富士急行にとっては収益の大きな柱となっており人気は高いです。

特に、休みにあたるゴールデンウイークやお盆休みなどの期間はごった返す傾向が高いです。もしも予約をとるのであれば、できるだけ早めにとっておいたほうが良いといえるでしょう。どうしてそこまで行くのに夜行バスを使ったほうが良いのかですが、もう一つ理由があります。それは、新幹線・電車などを利用するよりもバスを使った方が安いです。

特に東海エリアから行く場合は、片道4千円くらいの値段でいくことができるため活用するととても便利です。大阪から利用する場合は片道6千円台となります。所要時間についてですが、愛知県にある名鉄バスセンターからの所要時間は7時間20分程度です。大阪のあべのハルカスから発着する便を使うときの所要時間は、9時間となっています。そのほか富士急ハイランドを発着する便以外のバスでは、東京の芝浦車庫から岩手県久慈市までを結ぶバス路線が夜行便でも運行されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *