東京発富士山行バスのリクライニング時には配慮を

いくつものツアーバスも高速バスも発車をするのが東京であり、東京発の富士山行きの高速バスは快適な移動ができます。

都会の喧騒を忘れて日本の自然の中での最高峰となる鵜富士山を東京発で目指すとき、人は心がすっかり解放感に満たされますし、エネルギーチャージをしておくことも必要です。大都会東京発で乗り込むバスで富士山を目指すなら、楽しく仲間と歓談をするのも良いですが、これからの登山に控えて眠りを車内でとっておくのも悪くはありません。むしろ体力をかなり消耗をするのも登山なので、睡眠をとり体力を温存しておくのは賢い選択です。

最初はほぼ直角状態の座席ですが、休むためには少し席を倒した方が楽に使えます。リクライニングする時には配慮扶桑とならないように、後ろの人には必ず一声かけて倒すのもマナーです。無言でいきなり席が倒れてきたら、後ろの席の人は多少ならず困惑をします。心の広い穏やかな人ばかりとは限りませんので、配慮のなさから乗客同士でトラブルへと発展することもしばしばです。

いくら優しい人でも前の座席が突然リクライニングしたらびっくりしますし、多くの人は不快の思いをしますし、気が短い人同士であれば言い争いになってしまうので要注意です。リクライニングは最初から割と深めにできるよう、高速バスの席では設計をされています。必ず一声をかけて相手にその言葉が伝わったことを確認して、お互いに譲りながら座席を倒すことで無駄なトラブルにはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *