飛行機でスキー旅行に行く際にすべきこと

飛行機で北海道や東北などにスキー旅行に行く場合には、往復とも荷物は可能な限り宅配便を利用して送るようにして必要最小限の手荷物だけを携帯するようにします。

飛行機に搭乗する際にスキー板やストックなどの荷物を運ぼうとすると、大きな物は機内に持ち込みができないのでチェックインカウンターで預けなければならなくなります。貨物室に預けられた荷物は到着地の空港で受け取らなければなりませんが、冬の季節は預け入れ荷物が多いので自分の荷物が出てくるまで時間を要してしまいます。空港からバスや鉄道で移動するために乗り換える際にも、大量の荷物があるだけでかなりの重労働になってしまいます。

さらに旅行からの帰る際は体が疲れている上にお土産を購入していれば荷物が増えていることになり、更なる重労働に苦しむことになってしまいます。さらに飛行機でスキーに行く際に準備したほうが良いものとして、冬場のフライトは天候の影響で揺れることが多いので酔い止めの薬や胃薬を携帯するするようにします。

飛行機は鉄道や自動車などとは異なり三次元的な運動をするため、上下方向の揺れも発生するので乗り物酔いをしやすいのです。通常飛行機は高高度の飛行中は気流が乱れた場所を避けて飛行することもできますが、離着陸の際に空港付近の航路上に発達した雲や気流が乱れたエリアが発生してる場合はどうしても避けることができないので上下方向に大きく揺れることがあるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *