ツアーに申し込むともれなく特別補償が付帯される

旅行会社が企画するツアーに申し込むと特別補償が付帯され、参加者が死亡あるいは後遺障害の状態になった場合、負傷等により入院や通院を余儀なくされた場合、携行品の盗難や損壊によって損害が生じた場合に、旅行会社側の責任の有無やツアー参加者の過失の有無に関係なく補償金が支払われます。

旅行会社から支払われるお金にはこの他にも、旅程保証制度に基づく変更補償金と呼ばれるものがありますが、こちらは旅行会社側のみに責任があるときに支払われるもので、旅行者側に過失があると支払われない場合があります。この特別補償制度に類似したものに、損害保険会社が取り扱っている旅行傷害保険が挙げられます。

旅行傷害保険と特別補償制度を比較すると、補償の内容については類似点が多いことがわかります。しかし、旅行傷害保険は旅行に出発する前に加入しておくことで、ツアーに参加するために自宅を出発してから日程を終えて帰宅するまでが補償対象となりますが、特別補償制度の補償対象はツアーの開始から終了までとなっており、自宅から集合場所に行くまでの間と、ツアーを終えて自宅に戻るまでの間は補償の対象とはなりません。

また、旅行傷害保険の中には旅行中の疾病も保険金の支払い対象としているものもありますが、特別補償制度には疾病に関する補償の規定はありません。もし、より強固に不測の事態が生じたときのための備えをしておきたいと考えているのであれば、出発前に旅行傷害保険に加入しておくのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *