親日家が多い台湾でのツアー

台湾や日本のアニメやアイドルなどの文化が浸透しているので、日本人に対して好意的です。

中国語が公用語ですが、ツアー客にはカタコトの日本語を話してくれるなど、人々との交流が温かい気持ちにさせます。台北市にある台北101は、シンボルタワーとして509.2mもの高さを誇っています。地上101階なので台北101と呼ばれています。このタワーは夜に全体がライトアップされるので幻想的な雰囲気が漂います。タワー内部では展望デッキから夜の台北市を見られるので、どこにいてもロマンティックです。台湾で最も大きな寺の一つが、龍安寺です。

龍安寺は1738年に建設され道教や仏教などを信仰する人々に親しまれてきました。地元の人はお経を上げて、中は線香の煙で充満しています。日本にもお寺がたくさんありますが、宗教への考え方は少し違います。日本のツアーは、九份に向かうことも多いです。九份は大ヒットアニメの「千と千尋の神隠し」で舞台となった場所です。

太陽が沈む頃に行くと、幻想的でアニメの世界に本当に入ったような気分になるので、ジブリファンの人は、夕暮れ時に間に合うツアーを選びます。到着が遅くなると店が閉まっているので、あまり楽しめません。ピーナッツで固めたものをクレープ生地にのせて、杏仁アイスやパクチーを入れた台湾スウィーツが販売されています。パクチーはお好みで、温かいタイプと冷たいタイプから選べます。早めに到着してグルメを楽しめば夕暮れを見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *