スキーツアーは行き先が大事

スキーツアーで一番大事なのは人によって当然異なります。

また、どの地域にスキーツアーに行くのかでも変わってきます。なぜならば、スキーは雪がなければ滑れませんが、この雪の質の問題があって、東日本や北日本のゲレンデではパウダースノーであるのに対して、西日本では水分を多く含んだ雪のことが多いためです。パウダースノーの方が滑りやすくまた転んでも怪我をしにくいと言われます。反対に水分を多く含んだ雪の場合は滑りにくく、また転んだ際に怪我をし易いという人もいます。

したがって、場所的に西日本のゲレンデにしか行けない人はやむを得ませんが、東日本の人などで北日本などの雪質がいいところに行く場合は、あとはその行き先に雪が降っているかどうかと、金銭的な問題だけとなります。このようにスキーの場合は、行き先と金銭的なもので変わってくるため、何を目的に行くのかをよく考えて滑りに行くことが求められます。

友達と行きたいのであって思う存分滑りたいのか、あるいは恋人と行ってほどほど滑りたい程度でいいのかなど、環境によって異なります。その時々の情勢によって行き先を変えるにしろ、何が目的で行くのかを考えて行き先を考えればよいでしょう。スキーツアーですから団体行動が基本です。この団体行動が面倒だということで、こうしたものへの参加を渋る人もいます。面子も考えて行くように、また段取りよく話をしておくように決めて行動することが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *