富士登山ツアーの日程とは

世界文化遺産に登録され、最近注目を集めている富士山。

一生に一度は登ってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。でも日本一高い山で、木もない急斜面をどうやって上るのだろうなどと考え始めると、とても大変そう。ところがバスツアーを利用すると、初心者でも山頂でご来光を拝めるのです。

バスツアーで行く富士登山ツアーの日程は、一般的には1泊2日で、五合目まではバスで行きます。定員はだいたい25名程度で、2名から催行可能、一人参加もOKです。登山ガイドと添乗員が同行し、困った時には助けになってくれます。

1日目は、朝早くに新宿などの出発地を後にし、午前11時頃に五合目到着、昼食後12時半から登山を開始し、八合目か九合目の山小屋で夕食と数時間の仮眠をとります。2日目の午前0~2時頃から山頂を目指し、ご来光を見て下山し、お昼ごろに五合目に戻り、12時半ごろに五合目を出発したら途中で温泉に入って帰途につきます。

登山ツアーによって多少の時間のずれなどはありますが、普通、基本的な日程はだいたい同じです。ルートは富士吉田口からと富士宮口から。富士宮口から登るルートは、山頂までの距離が短いですが、傾斜が急なことで知られています。

どちらも、五合目から六合目までは足慣らしです。わくわく気分で急いでしまうとすぐ疲れますから、体を慣らすつもりでゆっくり登りましょう。七合目は標高2700mを超え、岩場などがあり少しきつくなりますが、絶景もここから始まります。

富士吉田口からのルートではまわりの山々や富士五湖、富士宮口からのルートでは太平洋と雲海が望めます。景色を眺めながらの休憩をはさみながら進みましょう。標高3400mを超える本八合目や九合目の山小屋で仮眠をとったら、富士登山ツアーのハイライト、ご来光を見に山頂へ。その景色は一生の思い出として心に残ることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *