登山ツアーの日程について

登山ツアーの多くは1泊2日かになっている事が多く在ります。

1泊と言うのは山小屋での宿泊が多く在るのが特徴です。また、1泊2日と言うのは、金曜の夜にバスを利用して登山口を目指して、翌日は早朝から一日目の目的地でもある山小屋をめざし、2日目には登山ツアーの目的となる山頂を目指し、その後下山をして帰路につくと言うコースになっているものが多く在ります。

バスの中で一泊しますので、夜行1泊2日と言った登山ツアーが多くあるわけです。また、バスを利用するため、乗り換えなしで目的となる登山口まで行くことが出来ますので、バスの中で寝て行くことが出来ます。登山と言うのは睡眠がとても重要であり、たっぷり寝て登山口まで行く事でその日の行動も楽に行えるようになるなどのメリットも在ります。

電車などで山に行く場合は、電車の中で寝る事は出来ても、途中でドアが開くたびに目が覚めてしまうと言う人も居ますし、電車だけでは登山口まで行く事は出来ませんので、途中でバスに乗り換えるなどが必要になり、ぐっすりと眠れないと言うデメリットもあります。

その点、登山ツアーの場合は登山口までバスで行くことが出来るツアーが多く在り、前の日の夜から早朝までバスでゆっくりと休めるため、登山も楽に行えるようになります。尚、その日は山小屋での宿泊となりますが、翌日は早朝から山の頂をめざし、下山をして帰路につく必要が有りますので、体力を付ける意味において山小屋では早目の就寝がお勧めなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *