福岡発で富士山まで行くには

世界文化遺産に登録されており、日本人なら知らない人はいない富士山。

世界的にも有名で、登ると人生が変わる、あるいは人生観が変わったなどの声も多く、一生に一度は登ってみたい山の一つです。世界文化遺産の登録を機に、近年では観光客も増加し若い人からお年寄りまで登山する人も増えました。

富士山は静岡県と山梨県に跨る活火山です。そのため、登山ルートも静岡県側が登山口のルートと山梨県側が登山口のルートがあります。ですから、福岡発の場合、どのルートから登山するかによって富士山までの道程が異なってきます。

まず、福岡から静岡まで行くには新幹線と飛行機の2つの方法があります。福岡発・静岡行を新幹線で移動する場合、東海道・山陽新幹線を利用します。料金は、通常19、220円程度となっていますが、早割などの割引を利用するともう少し格安で行けることもできます。

飛行機を利用する場合には福岡空港発・静岡空港行の空路線があり、料金は36、300円です。行く時期や予約するタイミングなどでこれより安い料金で行くことも可能です。

空港からはバスで御殿場駅まで行き、登山バスに乗って富士山の登山口まで行けます。山梨側からの登山ルートの場合は、福岡発の飛行機で東京まで行き、電車やバスを使って山梨まで行くパターンと福岡から新幹線で山梨の甲府駅まで行くパターンとがあります。

甲府駅から河口湖駅、富士山駅まで電車・バスで向かい、そこから登山バスに乗って登山口へ行きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *