初心者の富士山登山のペース

登山する場合、無理をしすぎず自分のペースで行うことが大切です。

自身のペースを知って、崩さないように心掛ける必要があります。富士山の登山においても同じで、いかに自分のペースをつかんで守っていけるかが成功の鍵になります。はじめに勢いをつけてしまい、体力を使い果たしてしまうと最後まで体力が持ちません。ポイントとしては、会話ができる程度のペースを守ることです。例えると、100mの距離を全力で走った場合息がきれるほどきついですが歩いて100mを進むと兵器であることが多いです。

初心者であれば、特に自分のペースをまだ知らないことが多いので会話をしながら歩く練習をすることが目標になります。また、初心者が富士山を登る方法として、でこぼこした道に足を取られないように歩幅を小さめにすることが大切です。標高が高くなることで、道が次第に荒れていきます。歩幅が大きければバランスを崩してしまい転倒する可能性が上がります。

そして、こまめに休憩をとって体を休め着実に登っていくのが富士山登山では心がけたいことでもあります。これは初心者だけに関わらず、登山に慣れてきても心がけておくべき項目になります。登山ではどのようなことが起きるかわかりません。従って、万が一に備えるため充実したアイテムを選びます。登山中の荷物は一般的には背中に背負っていることが多いです。これによって、登山のための荷物は必要最低限のものにして、なるべく体に負担のない格好で軽くを心がけていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *