富士山登山ツアーに関西発で参加

関西発の富士山登山ツアーに参加する場合は4つの空港から発着を選ぶことができます。

その4つの空港は、大阪伊丹空港・神戸空港・関西国際空港・南紀白浜空港になります。関西発の各空港はそれほど距離がないので、出発の時間帯に合わせて選択することも可能です。そこから羽田空港に向かい皆バスに乗り合わせて、富士山へ出発します。関西発の富士山を含め色々なところから来た人が乗り合わせます。そして、夕方のうちに5合目のスバルラインに到着して、山小屋に宿泊します。

富士山の山頂はかなり標高が高いですが、そこを目指す場合高度順応させてから登山すると高山病の予防につながります。高度順応させるには、このようjに山小屋で一定時間体を休めることが必要です。ここでしっかりと睡眠をとって、翌日の登山に向けて体調を整えます。その後、起床は朝方の3時ごろを目安にします。身支度をして、遅くなっても4時には出発した方が良いです。ここで、お弁当を食べることもできますし、少し登山した先の山小屋で明るくなった時に食べるのも良いです。

朝の4時はまだ暗く、足元や周りの景色も良く見えないですが太陽がすぐに出てきます。ご来光は6合目あたりで見ることが可能で、明るくなってくることで足元も見やすくなり清々しい朝日の中、7合目・8合目と進んでいきます。うまく進むと山頂まで11頃には到着します。そして、山頂の眺めを心ゆくまで堪能したら吉田口下山道へ進みます。5合目の到着が遅くならないように、山頂を遅くても12時までには出発した方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *