富士山の登山で初心者が留意すべき高山病について

富士山は標高が高まるとともに、高山病の危険性が増します。

一般的に考えて標高が非常に高いエリアは高山病の危険性があると言われています。そして、富士山は自動車を活用することによってたどり着くことのできる五合目の状態でも高いため、富士山を登山する時には、初心者に限らず十分留意しないといけません。

高山病の特有の症状については、食欲不振や吐き気、頭痛などがあります。これらの症状が現れますと自分自身も苦しみますし、周囲にも迷惑がかかります。その上、山の上ですから、いうまでもなく十分なケアも受けられません。

高山病は、登ってみないと分からないというのが現実の姿です。従って特に初心者は、自身もいつでもかかる事が考えられるという感覚で行動することが重要になります。

予防方法は、五合目において低酸素の周辺環境に1から2時間ほどいまして、身体をなじませることです。高山病が起こる原因は急速的な酸素不足によるものですから、スピーディーに登るほど高山病の危険性が高くなります。

初心者でも、若年層やスタミナに自信を持っている人は速く登りがちですが、これに関してはとても危険なので絶対に回避すべきです。もどかしいと感じ取るくらいあせらずに、頻繁に水分を摂取して、それから効果的な休憩をとりながら、登山をすることが重要になります。

それでも僅かでも異常を感じ取ったのなら、即座に下山するようにしましょう。標高の低いエリアに行くと、高山病の特有の症状は緩和されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *