関西発富士山までの交通手段について

関西発で富士山に行くとなると、やはりそれなりの時間が必要になってきます。

交通手段としては、鉄道、新幹線、高速バス等が考えられます。当然マイカーを運転していくことも可能な距離となります。それぞれの利点を考えてみましょう。まず、鉄道ですが、青春18きっぷ等の割引があるのであれば、最も交通費が安くなります。

当然鈍行しか使えないので、関西発となると富士山に到着するのは約半日程度かかることになります。とはいえ、交通費そのものは片道3000円程度で収まるので、とにかくお金を抑えたいという方は実質一択になるでしょう。

次に高速バスです。関西発富士山方面着の夜行バスが運行されていますので、夜中の23時頃に関西を出れば、富士山のふもとには朝7時ごろに到着することができます。料金にしても時期に左右されるものの片道6000円程度に収まります。

とはいえ、高速バスで一夜を過ごしてから山を登るのは人によっては中々体力的に厳しいかもしれません。最後に新幹線です。ご想像は容易いかと思いますが、最も高価な分最も早く到着できます。

具体的には1万2000円ほどの料金で、3時間弱ほどで、静岡県の新富士駅に到着することができます。関西発の富士山へは始発で出れば9時ごろには登山に着手できるスケジュールとなります。

以上、3つの交通手段について記載しましたが、それぞれ一長一短があります。お金時間そして体力を考慮して検討してみてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *