スキーやスノーボードの板は飛行機で運べる

スキーやスノーボードの板は飛行機で運んでもらうことができます。

機内に持ち込みはできませんが、当日空港に持っていき預け荷物にすると料金は無料です。

空港のロビーで手荷物カウンターに行き、スキーやスノーボードの板を預けたいと伝えると、簡単な軽量ですぐに預けることができます。飛行機では国内線を利用すると審査もなく料金は無料で、スキーやスノーボードの板を預ける飛行機の利用客は多くどの航空会社を利用しても慣れているため安心です。

スキーやスノーボードの板だけでなくサーフボードも預け荷物として運んでもらうことができ、審査に引っかかることもありません。

大きさの制限はJALの場合には幅が50センチ、高さが60センチ、奥行が120センチ以内で重量制限が20キロまでです。超過料金は超過10キロまでが2000円、11キロからが3000円と増えていきます。

JAL以外の他の航空会社でも同じような基準があります。制限を超えない場合にはブーツや他の荷物も一緒にまとめることができます。国内線が国際線と違って荷物のルールがある程度緩くなっています。ただし梱包はしっかり行います。

ボードがケースからはみでると審査に引っかかる可能性があるため、しっかりとボードケースに入れておきます。

ボードにキズがつくのが気になるときには、他の荷物とぶつかっても大丈夫なようにしっかりと包んでおきます。飛行機の預け荷物は、たまにですが荷物にキズがついてしまうことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です