スキー旅行での必要なアイテムや便利アイテム

スキーやスノーボードの旅行に行くときに必要なアイテムやあったら便利なアイテムがいろいろあります。

ウェアを選ぶときには旅行中に上着としても着用できるデザインを選ぶと荷物を少なくすることができます。

子供のウェアは内側に袖の長さを調整することができる紐がついていて、3シーズンくらいは着用することができます。子供のウェアは価格にはメーカーによって差が出ますが、ジャケットは普段使いすることができますし、スキー旅行だけでなく自宅でも大雪が降ったときの雪遊びをするときにも利用することができます。子供のウェア端衝突防止と人ごみで子供が迷子になったときに探しやすくするためにも目立つ色を選ぶことがおすすめです。

幼児は防寒着としてつなぎがおすすめです。

足元は本州で履くような靴底がツルツルしている靴は転んでしまいます。スニーカーでも滑りやすく寒いため、スノーブーツを用意していくことがおすすめです。

インナーは動きやすく暖かいものを選びます。便利アイテムとして、リフト券ケースはウェアについているものが増えていますが、ついていないものや忘れると現地で購入することになってしまいます。

リフト乗り場は最近は駅の自動改札のような場所も多く、腕についているよりも手袋にリフト券ケースがついているタイプが便利です。

スキーをしているときに撮影をしたいからとスマートフォンを持って行っても本州のスキー場は問題はありませんが、北海道などの特に寒い地域ではマイナス20度以下の気温になってしまってスマートフォンが故障してしまう可能性があります。

極寒環境では液晶が壊れてしまう可能性もありますし、水に濡れても故障の原因となってしまうため防水ケースに入れておくと安心です。装着型ビデオカメラも高性能になっていてスキーやスノーボードをしながらヘルメットに装着してビデオ撮影をすると便利で楽しい映像を撮影することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です