高速バスなら東京大阪間の移動は格安

東京と大阪間の移動手段は大きく分けて空路と陸路がありますが、空路は早く快適な分高額です。

陸路なら所要時間が短い新幹線が人気ですが、こちらも出費はかさみますし、
自由席なら繁忙期にはゆっくり座って移動できるとも限りません。

「車はとてもじゃないけれど時間がかかりすぎで疲れる」と思われますが、
高速バスは乗り心地も決して悪くなく、飛行機や新幹線に比べてダントツのお得感があり、時間帯や発着地から希望の便を選ぶだけで簡単に手配できます。

大阪発着は北エリアなら梅田周辺、また南エリアなら天王寺あたりが多く、
東京は横浜や都内各地に停留所が設けられていますが、中にはUSJやディズニーランドなど商業施設に直行する便もあり、
様々なタイミングで利用することができるのもありがたい点です。

日中の便もありますが多くの高速バスは夜便で、大阪、東京共に午後9時前後に乗車し、到着は午前6時前後のパターンが一般的です。

日中の時間帯を移動にあてる必要がなく、一日の終わりに高速バスで目的地へ移動すれば朝一には到着し、その日をフルに使えるのは大きなメリットです。乗客が乗り込んで出発すれば消灯とすぐに寝ることができますし、途中下車はトイレ休憩があるだけで起こされることもありません。最近では需要増加から路線が拡大し、便も多く、車種や会社によって席の配列も様々で、誰かと利用するなら2席ずつのシートを選べますし、1人なら各席が分かれたタイプがリラックスできます。

女性専用車や座席周りのスペースを広めに確保するなど競うように利用者の需要に応えていますし、飲み物のサービスなどスタンダードは高くなる一方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です